文字サイズ
文字サイズを標準
文字サイズを拡大
背景色変更
標準色
印刷機能
プリント
  1. ホーム>
  2. 物件登録手続き

物件登録手続き

空き家バンクに物件登録ができる方

 空き家【個人が居住を目的として建築し、又は購入し、現に居住していない市内に存在する建物(近く居住しなくなる予定のものを含む。)】の所有権があり、当該空き家の売却又は賃貸を行うことができる方。ただし、空き家については次に掲げる事項のいずれかに該当する建物を除きます。

  • 現に賃貸又は分譲を目的としている建物
  • 現に宅地建物取引業者(宅地建物取引業法(昭和27年法律第176 号)第2条第3号に規定する宅地建物取引業者をいう。)が同条第2号に規定する宅地建物取引業としての媒介又は代理の対象としている建物
  • 老朽、損傷等が著しい建物
  • 大規模な修繕が必要と認められる建物
  • 市税を滞納している者が所有している建物
  • 暴力団員による不当な行為の防止等に関する法律(平成3年法律第77号)第2条第2号に規定する暴力団、同条第6号に規定する暴力団員又は暴力団若しくは暴力団員と密接な関係を有し、若しくは社会的に非難される関係を有する者(以下これらを「暴力団等」という。)が所有している建物

物件登録から契約までの流れ

  1. 物件所有者より、様式第1号「物件登録申込書」(WORD形式/32KB)、様式第2号「物件登録カード」(EXCEL形式/48KB)、様式第3号「同意書」(WORD形式/32KB)に必要事項を記入の上、申請してください。
  2. 宅件業者の立会いのもと、物件の状況を調査させていただきます。
  3. 現況調査を終え、登録することが適切と認められた場合に物件を登録させていただきます。
  4. 登録後、物件情報をホームページや移住希望者問合せに対し紹介させていただきます。
  5. 登録した物件について、利用申し込みがあった場合、連絡させていただき、宅建協会員の仲介により契約交渉となります。
    ※法律で定めた仲介手数料がかかります。
このページの先頭へ戻る
スマートフォン用ページで見る